チャートにテクニカル指標を大量に表示させているのは不安の証

チャートにテクニカル指標をいくつ表示させていますか?2つ、3つ?それとも5つや6つですか?

もしチャート画面がテクニカル指標でローソク足が見えないほどになっているならきっとトレードが不安で仕方ない心境です。

不安は結局なくならない

「これが機能しなくなるかもしれないからこれも表示させよう。」「ついでにこれも表示させた方が良いかな?」とこの連鎖により、きりがなくなりテクニカル指標を大量に表示することになっているのではないでしょうか。

根底には負けたくないという気持ちがあるからだと思いますが、勝率100%はありませんから自分が表示させているテクニカルが機能しなくなったのであれば損切りするしかありません。

テクニカル指標に頼りすぎて損切りできないのであれば取り返しのつかない状況になるまでそれが繰り返されるでしょう。

武器が多いと強くなる訳ではない

テクニカル指標を武器に例えるなら、あれもこれもと大量の武器を持って闘いに向かっても身軽さがなくなり身動きが取りにくくなり闘えない状態になることが想像できます。

トレードも同じで、テクニカル指標を大量に表示させるとどれを頼れば良いかわからなくなり、身動きが取りにくくなるばかりか頼るべきテクニカル指標に惑わされる結果になるでしょう。

またはテクニカル指標を大量に表示させることで自信過剰になりすぎてしまい、無駄なトレード、許容範囲を超えたトレードにも繋がってしまいかねないのです。

精神論は相場には通用しない

得意な武器だけを持つ

まるでテクニカル指標を否定しているように書いていますが、テクニカル指標を否定している訳ではありません。

大量に武器を持っていても自分にとっては、使えない武器を持っていても荷物になるだけで意味がありません。

自分が扱いやすい得意な武器だけを使って闘うべきです。テクニカル指標の組み合わせに正解はありませんので、自分の性格やトレードスタイルに合った、扱いやすい得意なテクニカル指標を見つけ、表示させるべきです。

すぐにどれが自分に合っているのかわかるものではないので、地道に検証して見つけていくしかありません。
トレードは何年経っても勝てないのは当たり前?職人に学ぶ精神力

もしチャート画面がテクニカル指標で埋め尽くされているのであれば、自分の得意な武器だけを残し、持ち物の整理をするようにチャート画面を整理してみるとチャートの見方が変わってくるかもしれません。

スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1