トレードで利確と損切りをするとき意識すべきこと

利確と損切りをするとき何を目安としているでしょうか。

分析をして自分なりに利確、損切りするポイントを見つけていると思います。これは大切なことです。

ただ個人的な理由による利確、損切りは勝ち続けていく上では致命的な失敗に繋がりかねません。

恐怖や不安で利確損切りはしてはいけない

ポジションを取った後それなりに利が乗ってきたとき、まだ利確するポイントまできていないとします。

そんなとき襲われるのが「もしかしたら反転して利益を全て失うかもしれない」という感情。その感情に襲われたときに全てを利確してしまってはその瞬間は利益を得ることができますが、トレードを続けていくには良いことではありません。

損切りポイントを決めた上でポジションを取った後すぐ逆行して、このままだと損失が出てしまうと言った恐怖に襲われたとき、その感情に任せて損切りをする事も同じく良いことではありません。

また損切りポイントまで来たのに「もしかしたら損切りしたあと反転するかもしれないから幅を広げよう」と損切りポイントを変更してしまうことは致命的損失につながります。

なぜ恐怖や不安で利確損切りはしてはいけないのか

恐怖、不安による利確損切りはとどのつまり自分を信じられていないということになります。

中途半端に利確、損切りを繰り返していてはただただ勿体無いと言えますし、自分の描いていたシナリオ通りになったときに「やっぱり思っていた通りじゃないか!急いでポジションを取り直さないと!」と恐らくこれを繰り返していては、いずれ感情に任せたトレードに陥ることになります。

そして損切りポイントを変更してしまうのは何の根拠もなくその時自分を正当化しているだけで、それを繰り返せば損失は膨れ上がり、退場するまで自力では損切りできなくなるまでになる致命的なものになります。

精神論は相場には通用しない

トレードの司令塔は他の誰でもなく「自分」であるので自分の信じたトレードができないのであれば世に溢れている情報(テクニカル指標やニュース)に惑わされ、勝ち続けることができません。

トレードをしているのは結局自分であり、何かに従ってトレードをする訳ではないと自覚しなければいけません。
勝ちたいのではなく勝ち続けたいと頭に叩き込む

恐怖や不安で利確損切りをしないようにする対策方法

恐怖や不安による利確損切りをしてしまう場合は取ったポジションを半分利確損切りすることをはじめてみてください。

そしてもう半分のポジションを自分の最初に設定した通りにすれば少しずつ癖がついてルールに従うことの大事さに気づくきっかけになると思います。

  1. どうしても恐怖や不安を感じた場合は半分利確損切りを行う
  2. もう半分を最初のプラン通りに利確損切りする

また恐怖や不安を払拭するために自分の気持ちをコントロールすることも大切です。

自分なりに感情を安定させる方法を探すほうが手法に捉われるよりもトレードに役立つと考えます。
トレードで勝つためにはプラシーボ効果を利用しろ

利確損切りを行うときに意識すべきこと

利確損切りポイントを明確に決められないのであれば、買いのポジションを持っていたとすると利確損切りはそこで

  • 「売りたいか」
  • 「逆のポジションを取りたいか」

と思える場所に設定すれば納得のいく利確損切りができる可能性が高まります。

欲や損失に踊らされていては勝ち続けることはできません。

勝率100%は絶対に存在しませんので自分が納得のいく利確損切りを続けていくことが利益を積み上げる方法と言えるでしょう。

スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1