意外なところからヒントを得て進化、トレード以外も参考にしよう

世の中には便利なものや生活に欠かせないものがたくさん溢れています。

それはどうやって進化したかをたどってみると意外なところからヒントを得て進化していることがあります。

トレードの世界も実はトレード以外からヒントを得て取り入れられていることがあるのです。

意外なところから進化しているモノ

注射器

医療などで使われる注射器。生殖するために人体から血液を抜き取る昆虫、蚊を知っていると思います。

その蚊に針を刺され、血液を抜かれても不思議と痛みはありません。

注射針はこの蚊からヒントを得て、痛みの少ない注射針を開発したようです。全く痛みのない注射針も近い将来実現するかもしれません。

粘着テープ

爬虫類であるヤモリはいろいろな面にくっつくことが可能。

その足にはたくさんの毛が生えており、その毛の先端一本一本にさらに数百本も毛が生えていることにより、様々な面をくっつき移動することができる。

それをヒントに粘着テープをヤモリの足と同じ構造にすることによって、いろいろな面にくっつくが剥がせる粘着テープを開発したとのこと。

テニスラケット

飛行機の部品の一部を金属からカーボンファイバーに変更することによって、頑丈さを失うことなく軽量化を実現させた。

その頑丈で軽量なカーボンファイバーをテニスラケットに応用させ、同じく頑丈で軽量化を図ることに成功したと言う。

トレードの世界では

ご存知の方も多いと思いますが、トレードの世界にも元々は別分野のモノが応用されています。

フィボナッチリトレースメントなどはフィボナッチ数列から比率を導き出し、レジスタンス、サポートを弾き出すと言ったもので数学から相場に応用されています。

金融占星術(アストロロジー)も天体などの動きによって相場を予想するといったもですが、占いを相場に応用する形になっています。

サイクル理論×アストロロジー

それぞれ相場用につくられた訳ではなく相場に応用されているのです。

トレード以外も無駄ではない

同じ分野ではなく、違う分野などからヒントを得て進化していることを考えるとトレードも同様にトレード以外からヒントを得えて進化するかもしれないと言うことが言えます。

もちろんトレードは実際にトレードからしか学べない部分が多くを占めていますが、様々な分野を吸収することにより、己の進化に繋がる可能性を秘めていると考えます。

進化のために時にはトレード以外の書籍や情報を見たり、得てみることも無駄ではないと思います。

世の中にはその分野ではないところからヒントを得て進化していることがたくさんあります。

トレードも同じように様々な角度、視点からチャート見たり、情報の捉え方を今までとは少し捻ってみたり、トレード以外の書籍や情報を吸収したりすることによって普段とは見えてくるモノ感じるモノが変わってくるかもしれません。

スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1