Archives一覧

分析は時に逆効果となる

FXの分析にどれほど重きを置いているでしょうか。市場が動かない日などは1日中分析に没頭している方もいるかもしれません。分析はとても大切ですし、自分のトレードプランを立てる際に必要不可欠です。 ただし分析の捉え方を間違えると逆効果になってしまう場合があります。

トレードで勝つためにはプラシーボ効果を利用しろ

まずプラシーボ効果とは偽の薬を効果がある薬と偽って服用させた場合でも病状症状が良くなる効果を示しています。 極端に例えるならラムネ菓子を薬と偽って服用させ風邪が治ると言ったもので、暗示のひとつと考えられます。 この暗示をトレードに応用することでパフォーマンスを向上させることにつながるのです。

トレードを会社経営のように考えると自分のトレードが見えてくる

会社経営をしたことありますでしょうか。いた(いる)としてもかなり少数派だと思います。 なぜなら会社経営をするにはかなりハードルが高いからです。しかしトレードは口座を開設して、すぐに始められます。 何が言いたいかというと会社経営とトレードは同じぐらい利益を上げ続けるのが難しいのです。

流行に敏感になり相場の流行を追え!

いま世間でなにが流行っているかあなたは気になりますでしょうか。 今年のファッションは~色が流行っている 食べ物は~が流行っている 音楽は~が流行っている テレビや映画は~が流行っている などなどたくさんあります。追っていくときりがありません。 この流行りにもトレードのヒントが隠れています。

あなたはいま健康ですか?トレードは自分の健康状態が影響する

「いま健康ですか?」と聞かれたら「咳、くしゃみ、鼻水など風邪の症状はないから健康だ!」「とくに病気などしてないから健康だ!」と言ったように普段なら答えるかもしれません。 身体あっての健康ですからこの考えは当たり前です。 ただトレーダーにとっては心の健康も気にするべきであるのです。

チャートを動かしているのは人間であると言う事

チャートはまるで生き物ように、勝手に動いている、または機械的な何かに動かされていると感じたことはありませんか? もしくは自分がエントリーした途端に逆行ばかりするものだから「監視されてる!遠隔操作だ!」など訳のわからない強迫観念にかられ、怒りが湧いたことがありませんか? チャートは決して勝手に動いている訳ではなく私達人間が動かしています。

スポンサーリンク
1




1