Archives一覧

チャートを動かしているのは人間であると言う事

チャートはまるで生き物ように、勝手に動いている、または機械的な何かに動かされていると感じたことはありませんか? もしくは自分がエントリーした途端に逆行ばかりするものだから「監視されてる!遠隔操作だ!」など訳のわからない強迫観念にかられ、怒りが湧いたことがありませんか? チャートは決して勝手に動いている訳ではなく私達人間が動かしています。

精神論は相場には通用しない

スポーツなどにおける精神論はかなり大事です。勝負する前から怖気付いていては試合前から勝敗が決まっているも同然です。 精神論を否定している訳ではなく、この精神論を相場に持ち込むと大変危険という事が言いたいのです。

流れがないときはどうするべきか?そんなときは客観的になれ

トレードでロングポジションを損切りした途端に上昇したり、上昇するかもしれないと耐えたときに限って急落で大きな損失を出してしまう。 恐らくトレーダーならほぼ経験したことのあ「トレードあるある」ではないでしょうか? そんなときは「客観的に自分をみる」ことがとても大切になってきます。

プロゲーマーとトレーダー

プロゲーマーとはゲームコンテストで、優勝を争い賞金を稼ぐといったゲームを職業にしている者たちです。 なんと優勝賞金は「1億円」といった大会も海外ではあるとか。そして日本ではプロゲーマー専門学校も開講したようで、夢のあるなかなか注目されてるジャンルのようです。

サイクル理論×アストロロジー

「アストロロジー」 あまり聞きなれない言葉ですね。このアストロロジーとは占星術という占いの1種です。 実はサイクル理論の素となっているのはこの「アストロロジー」なのです。アストロロジーとFXを組み合わせて、サイクル理論は誕生しています。 そのためこの2つは切っても切れない関係にあるのです。

ローソク足を数えてトランスレーションを判断する方法と注意点

このトランスレーションを事前に判断できれば、買いか売りかどちらのポジションを持っている方が優位性が高いのかの判断基準となります。 このトランスレーションを判断する材料として「ローソク足を数えてトランスレーションを判断する」という方法がサイクル理論にはあります。

スポンサーリンク
1




1